新築・住宅リフォームのマルミ工務店 静岡県御殿場市


マルミ工務店の上質な仕上がり 伝統と先進の技術を駆使して、木の美しさ、ぬくもりを生かし、コストの無駄を徹底的に見直したコストパフォーマンスの高い、”一点もの”の住宅を造ることを志しています。


"伝統の技術" カテゴリーの記事

受け継がれる技術~和室の造作

伝統の技術, 業務報告

内部造作の進む、小山町のH様邸新築工事ですが、本日は、和室の、敷居や畳よせの取り付け作業を行いました。

敷居は、柱のくせを写し、墨付けをして、造作鋸で切断加工をします。
職人は、柱のくせを写すことを「ひかり込む」といい、鋸で加工することを「刻む」といいます。

取り付けた敷居は、柱から生えたように、毛筋ほどの隙間もなく、ピタリと収まります。

これが、古来から受け継がれる、伝統の手刻みの技術です。
マルミ工務店では、最新の技術と、伝統の技術の良いところを融合して、よりよい住まいを、よりリーズナブルにご提供させていただくことを目標に、日々研鑽を積んでおります。