新築・住宅リフォームのマルミ工務店 静岡県御殿場市


マルミ工務店の上質な仕上がり 伝統と先進の技術を駆使して、木の美しさ、ぬくもりを生かし、コストの無駄を徹底的に見直したコストパフォーマンスの高い、”一点もの”の住宅を造ることを志しています。


"2011年 5月" の記事

通気断熱WB工法研修会

お知らせ, 業務報告

5月26日、長野県長野市(株)ウッドビルド様で行われた、通気断熱WB工法の施工研修会に、頑固一徹職人の会会員一同9名で参加してきました。
通気断熱WB工法についての詳細は、弊社HPでも紹介しているので、まだご覧になっていない方は、是非ご覧ください。
広大な敷地内には、大規模な実験棟があり、当工法の有効性の実証を行っています。

同条件の2棟の実験棟は、高気密住宅と通気断熱住宅です。

こちらは、高気密住宅の内部です。
室内は結露がひどく、カビも見受けられ、洗濯物の部屋干しのような不快な臭いがします。
こちらは、通気断熱工法住宅の内部です。

画像が少々見づらいですが、気温は同一、湿度は57%です。
内部の環境はごく快適で、その違いを実感しました。
実際の居住環境では、高気密住宅でも空調等で、かなり改善できると思いますが、エネルギーの消費が非常に多くなることは、容易に想像できます。
通気断熱工法では、空調等の使用がなくとも、これだけの快適さを保つということは、今後ますます重要になってくる、エネルギーや環境問題において、多大なメリットをもたらすとの確信を持ちました。
通気断熱WB工法について、関心をお持ちのお客様は、お問い合せフォーム、電話、ファックスで、是非弊社までお問い合せください。

緑のカーテン

時事

節電や、地球温暖化対策の意識が高まっている昨今です。
私も、微力ながら、出来る範囲の対策を講じています。
私の住まいの居間が、これから西日がきつくなるので、プランターで、ゴーヤを育ててみようと思います。
家内は、つるの延びる花を植えるようです。

季節が進むと、気温の上昇と共に、電力不足が懸念されます。
1人1人は微力でも、ほんの小さいことを実行することに、大きな意義があると思います。

幸運の印

時事

内装作業も進んできた、小山町のH様邸新築工事現場ですが、ここのところ、可愛らしいお客様の訪問があります。

営巣できる場所を、しきりに探しているようです。
古来より、ツバメの巣作りは縁起が良いと喜ばれます。
動物の本能はなかなか侮れず、安全な場所を選ぶことから、災いが避けていくと考えられるのでしょう。
お施主様はもとより、家を造っている私達も、それだけ安心感のある家と思えば、嬉しく感じますが、引渡しの前から泥と糞で汚れてしまうので、悩ましいところです。

こどもの日

時事

本日は端午の節句、こどもの日です。
小山町の新築現場に程近い鮎沢川に、鯉のぼりが元気に泳いでいます。

私にも、小学生の子供が2人います。
次世代を担う子供たちの、健やかな成長を願いましょう。